木材利用

これ、なんだかわかります?

オフィスのデスク、リビングのテーブルとして使っているものが、そのまま卓球台になっています。卓球台メーカーさんが製造しているそうです。

発想がとてもおもしろい!

仕事の休憩時間にさっと片付けてなまった体をリフレッシュして、また仕事を効率よくこなす。

という感じでしょうか。

赤坂見附のPLUSさんショールームにあります。

高田純次さんの『じゅん散歩』でも紹介されたそうです。

私たちも、木を使った今までにない新しい発想で、楽しいものをつくっていきたいと思いました。

馬頭広重美術館

栃木県那珂川町馬頭にある、馬頭広重美術館に行ってきました。
当日は日光市の取引先に訪問後、向かいましたが、あいにく閉館していて、外観のみの見学となりました。この美術館は隈研吾さんの設計で、2001年の竣工、数々の建築賞を受賞した建物です。
建物全体を包む杉材が不燃木材だという事を聞き、機会があったら見学したいと思っていた建物、今回実現しました。

竣工当時は杉の柔らかい色が建物全体を包んで、とても感じの良い色合いだったでしょうが、今回見た印象は、夕暮れ時も関係していたのでしょう、杉の色も黒ずんで、年月とともにこんなに変わるものかと思いました。

建物を一周しましたが、エントランス部分は、屋根・壁とも杉の色が残っていると共に、館内にも通じていて、名建築物の一部を見ることができ感嘆しました。

皆さまも機会があったら足を運んで下さい“百聞は一見に如かず”です。

 

はばたく2017受賞

細田木材が、経済産業省・中小企業庁の「はばたく2017 中小企業・小規模事業者300/商店街30選」の選定を受賞しました。

この賞は中小企業庁によりますと「ITを中心とする経営資源の有効活用による生産性の向上、海外事業を通じて国内需要の獲得、多様な人材活用・技術の伝承・後継者の承継等の担い手確保に貢献している事業者及びインバウンド需要の取り組みなどにより商店街や地域の活性化を推進している商店街」が選定の対象となっているとのことであります。

当社は木材の製造・加工・施工・設計の一貫した技術力、そしてその技術力を支える技術者育成、雇用施工創出会社として冊子に紹介されました

また、表彰状と合わせ記念品として昨年度最優秀賞を獲得した天童木工さん製の合板成型の盾を頂きました。

このたびの表彰は事業者の自己申告ではなく、お取引金融機関のご推薦により本年度の300社に選ばれましたこと、わが社にとっては本当に名誉なことであり、社員一同の誇りであります。ご推薦いただいた金融機関様、御選定いただいた中小企業庁様に心よりお礼申し上げます。今回の受賞を大きな励みとしてさらに「はばたく中小企業」として自社の強みをさらに引き出して事業を伸ばしていく所存でございます。

霞が関の経済産業省の講堂で開催された表彰式
世耕弘成経済産業大臣松村副大臣などのご祝辞の中から
*我が国の経済の根幹を支える中小企業、地方創生に貢献が期待されている商店街  の中でも実際に成果を出した事業者・商店街に対して表彰である
*特にものづくりとITの融合、情報発信などを重点に勇気をもってさらなる貢献を期待
*働き手の減少には、生産性の向上、女性の活躍、新しい需要の獲得には海外事業の展開、インバウンドへの対応、会社としては担い手の確保の重要性を強調
*中小企業向けの補助金120億の活用を

なお、300社・30商店街の詳細につきましては
中小企業のホームページをご参照ください。
www.chusho.meti.go.jp › sapoin› 2017