アセチル化木材「アコヤ」の積層材

先日、お客様より屋外で使用するテーブル天板の加工依頼がありました。厚みが80㎜と厚いため無垢板などでは割れてしまいます。そこで屋外の使用でも収縮がほとんどないアセチル化木材『アコヤ』が選ばれました。アコヤでも厚み80㎜の板はありませんので、集成材の様に接着して厚板を作ることにしました。ここで内装材で使用するならば通常ウレタンボンドを使用しますが、今回は屋外用のため構造用集成材と同じ接着剤を使用して加工しました。接着剤の特徴としてラミナーの接着層は黒くなります。

当社ではお客様の要望に応える為、適材適所で材料・加工方法をご提案させて頂きます。何か木材加工でご不明なことがありましたら遠慮なくご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です