カーボンフットプリントについて

 5/26に行なわれた日本集成材工業協同組合「講演会」で東京農工大学の服部順昭教授より「温室効果ガス排出を見える化するカーボンフットプリント(CFP)とは?」という内容でご講演いただきましたのでその内容をまとめさせていただきました。

 カーボンフットプリント(CFP)とは炭素の足跡のことで、CFP制度はライフサイクルアセスメント(LCA)の手法を活用し、温室効果ガスの排出量をCO2換算で表示する仕組みです。

 LCAは製品やサービスの資源調達から製造、使用、廃棄にいたるまでのライフサイクルにおいて投入した資源量やエネルギー量、環境に与えた付加量を求め環境への影響を総合的に評価する手法です。

温室効果ガスの削減と、副次効果として化石埋蔵資源の延命も期待できます。

 木材の関連では、林野庁が今後の方針として「木材利用に係わる環境貢献度の定量的評価手法について(中間取りまとめ)」に沿って「見える化」を推進してゆきます。

 「見える化」に必要な目安となる平均値やデフォルト値は使用量の多い製品から、製材、集成材、合板、PBを取り上げ国産材、外材の別でNPO法人の才の木が試算を行なっています

 CFPを算出するにはPCR(商品別算定基準)が必要です。これは業界全体で作る必要があり木材製品の原案策定計画の申請は才の木が申請を行なって平成21年9月に産環協がPCR計画登録番号PPR-043で計画承認しています。

 対象製品は(丸太)、製材、集成材、合板、パーティクルボード、繊維版、防腐処理木材、複合床板で第一回PCR原案策定WGが2月に開催され、来月7月ごろに申請の予定です。

CFPはエコを推進するのに大切な制度で今後の制度の構築が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です