外構用木材の木材保護塗料による塗装のコツ

ウッドデッキの使用例です。

デッキ材と根太材の接触部分は構造上、毛細管現象でいつも水分が入って湿潤状態になっており、最も腐りやすい部分です。

デッキ材表面だけを木材保護塗料で保護して、デッキ材の裏面や根太材は見えないからと塗装なしで使われる場合がありますが、構造上、根太材はデッキ材よりもきっちりとした保護が必要です。

デッキ材は腐ったとしてもその部分を交換すれば修理できますが根太材が腐ると作り変えになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です